ヘッダー画像

ココナラで縁結びや施術を実施。口コミでも話題の物部神社に参拝し、その効果を実証。

物部神社(もののべじんじゃ)

島根県大田市に鎮座する「物部神社(もののべじんじゃ)」

最初は神体山である八百山を崇めてきた1,500年の長い歴史をもつ石見国一宮です。

駐車場から階段を上ると立派な大鳥居が構えています。

この巨大な明神鳥居は平成25年、創建1500年記念に作られました。

木造鳥居としては島根県内で最大の大きさを誇っています。

大鳥居をくぐると正面に拝殿、右側に手水があります。

富金石と呼ばれる砂金を含んだ石で作られた貴重な手水舎。

埋め込まれている勾玉の形をした4つの石触れると、それぞれのご神徳を授かれると言われています。

曲玉の形をした手水石に注がれているのは、境内の御神井から湧き出ている清らかなご神水です。

ご祭神は、物部氏の祖神として知られている「宇摩志麻遅命(うましまじのみこと)」

神武天皇の大和平定の際、部族である物部を率いて参加し、この地で没したと伝わっています。

古くから勝運の神、文武両道の神、鎮魂の神として崇められてきました。

入母屋造の拝殿は、昭和11~12年にかけて檜を用材に改築。

境内には稲荷社や菅原神社など様々な摂末社が点在しています。

本殿の高さは16.3m、春日造りでは日本一の規模を誇っています。

社伝によれば513年に継体天皇の命により、宇摩志麻遅命の亡骸が葬られた八百山の麓に社殿を創建。

その後、石見銀山争奪の戦火などで三度も焼失しています。

火災予防の意味を込めて「亀は水を呼ぶ」由来から、屋根の千木下に亀の彫刻が彫られているのが特徴です。

現存する社殿は1753年に再建。

1856年に行なわれた大改修を経て現在の姿に至ります。