ヘッダー画像

ココナラで縁結びや施術を実施。口コミでも話題の貴船神社(奥宮)に参拝し、その効果を実証。

貴船神社(奥宮)

貴船神社は「本宮」「奥宮」「結社」の三箇所(三構成)となり、参拝する順番も「本宮 ⇒ 奥宮 ⇒ 結社」が推奨となるため、このページでは「奥宮」をご紹介します。

前回、掲載した本宮から上り坂を進むと「奥宮」にたどり着きます。

右側には貴船川の清流が流れており、夏には納涼の川床が設置され賑わいを見せます。

歩いて行くと途中に「相生(あいおい)の杉」と呼ばれる、同じ根から生えた2本の大杉が目に入ります。

その樹高35mで樹齢1000年、沿道に寄り添うように立つご神木です。

相生は転じて「相老(相手と一緒に老いていく)」という意味があり、夫婦ともに円満長寿のご利益があると言われています。

そこを過ぎると奥宮の鳥居が見えてきます。

(※ この間に「結社」がありますが、その内容は次回とします)

朱色の鳥居をくぐると、木々に囲まれた灯篭の立つ参道が続いています。

白い砂利の参道を歩いた先あるのは、奥宮の色鮮やかな「神門」

神門をくぐると境内には静寂な空間が広り、神聖な空気が漂っています。

夫婦円満のご利益があるとされる「連理の杉」

こちらは杉と楓の木が重なって和合した貴重なご神木です。

連理とは、別々の木が重なって一つになるという意味をもち、貞明皇后が参拝された折に賞賛されました。

連理の杉の近くに鎮座するのは末社「日吉社」

本殿左手にある「御船形岩(おふねがたいし)」

かつて神武天皇の母である玉依姫命が乗った黄船が大阪浪速、淀川、鴨川、貴船川をさかのぼってこの地に到着。

一目に触れないよう小石に覆われたものと伝えられています。

御船形岩は長さ10m、幅3m、高さ1.5m。

その伝承から船舶関係者からも、船玉神(ふなだまのかみ)として篤く信仰されてきました。

奥宮の本殿横には権地(ごんち)があります。

権地とは、神社の建て替えをする際に一時的に神体を移す場所です。

末社の「吸葛社(すいかずらしゃ)」

ご祭神は雷と農業と神「味耜高彦根命(あじすきたかねひこ)」ですが、古伝では傀儡師(傀儡子)や遊女が信仰する神百太夫だったとされています。

奥宮社殿の左側(西側)に末社の「鈴市社(すずいちしゃ)」

ご祭神は神武天皇の皇后「姫蹈鞴五十鈴媛命(いすずひめのみこと)」

この奥に見えるのが奥宮の拝殿と本殿です。

ご祭神は本宮と同じ「高龗神(たかおかみのかみ)」

社伝によると高龗神と同じ神である「闇龗神(くらおかみのかみ)」と「玉依姫命(たまよりひめのみこと)」も併せて祀っているとされています。

創建の地である奥宮は1046年、洪水により流損。

1055年に現在の本宮に遷座され、旧地は奥宮となりました。

拝殿の間は距離がないため、このような距離感で参拝することになります。

ちなみに、本殿下には巨大な龍穴(縦穴)があり、日本三大龍穴の一つに数えられています。

江戸時代、本殿修理をしている時に大工があやまってノミをこの龍穴へ落としました。

すると一天にわかにかき曇ると竜巻のような凄まじい風が吹き、ノミを空中へ吹き上げたという伝説が残っています。

当日は、他の参拝者の邪魔にならないよう配慮しながら祈祷を行いました。