ヘッダー画像

ココナラで縁結びや施術を実施。口コミでも話題の息栖神社に参拝し、その効果を実証。

息栖神社(いきすじんじゃ)

茨城県神栖市の「息栖神社」

社伝によると創祀は応神天皇が始まりとされ、古くから信仰を集めてきました。

807年、藤原内麻呂が現在の地へ移転したとされます。

鹿島神宮・香取神宮と並び「東国三社」の一社に数えられている息栖神社。

駐車場の近くに石造りの二の鳥居が立っています。

江戸時代に人気を誇ったのが「お伊勢参りの禊ぎの三社参り」です。

関東以北の人々は伊勢に参宮した後、「下三宮巡り」と称して鹿島神宮、香取神宮、息栖神社の三社を参拝したといいます。

情緒ある静かな参道。

二の鳥居をくぐると、神門まで一直線に伸びる光景が印象的です。

灯篭と木々に囲まれる参道は、ゆっくりとした時間が流れていました。

左手に鎮座する稲荷神社では、赤い布をかぶった狐がお出迎えしてくれます。

神門の左手前に手水舎があります。

1847年の建立と伝えられる朱色の神門。

周りに生い茂る木々の緑色と調和し、朱色が色鮮やに映えています。

神門を通ると、再び真っすぐと伸びた参道が目の前に広がります。

息栖神社は一の鳥居、二の鳥居、神門、拝殿、本殿が一直線に並んでいるのが特徴です。

境内の右側に、絵馬掛けとおみくじ掛けがあります。

息栖神社の主祭神は「久那斗神(くなどのかみ)」

相殿に「天乃鳥船神(あめのとりふねのかみ)」と「住吉三神」を祀っています。

久那斗神は、道路や旅人などを守る導きと路の神。

日本書紀では、建御雷神と経津主神を先導したとされています。

また天鳥船神は古事記において、建御雷神の副使として活躍しました。

息栖神社の社殿は昭和35年に焼失、昭和38年に再建されています。

境内右手にあるのは五柱合祀社。

若宮、香取神社、手子后神社、八龍神社、江神社が勧請されています。

境内社の隣に木蓮科の「招霊の木(おがたまのき)」が立ち、幸運をもたらす精霊が宿ると言われています。

1円玉裏のデザインとなった木としても知られています。

5月頃なるとやや紅紫色を帯びた花が咲き始め、周辺に良い香りが漂います。

さらに息栖ゆかりの歌碑も建てられています。

境内の左側にあるご神木は、推定樹齢1000年の夫婦杉。

分かれた幹が寄り添うように生えており、子宝や安産祈願に良いとされています。

昭和天皇の末弟「三笠宮崇仁親王(みかさのみやたかひとしんのう)」が参拝に訪れた際、植樹されました。

常陸利根川のほとりに一の鳥居と、その両脇に「忍潮井(おしおい)」と呼ばれる二つの四角い井戸があります。

それぞれの井戸に小さな鳥居が建ち、 水底には二つの瓶「男瓶(おがめ)」と「女瓶(めがめ)」がありますが、水の澄んだ日にしか姿が見えません。

このことから瓶を見た人には幸運が訪れると言われています。

井戸からは水が1000年以上も湧き出し続け、伊勢の明星井、伏見の直井と並び、日本三霊水に数えられています。

この霊水を飲むと縁結びのご利益があると言われていますが、現在は直接飲むことはできません。

境内の手水舎の奥にある湧き水で、同じ霊水のお水取りができます。