ヘッダー画像

ココナラで縁結びや施術を実施。口コミでも話題の諏訪神社に参拝し、その効果を実証。

星夢 ~ セイム ~の活動日記

実際に活動してきた内容を日記としてお伝えします。

2019年1月27日(日)に参拝した様子をご確認ください。

諏訪神社(すわじんじゃ)

社伝によると創建は807年。大和国から高市皇子の後裔となる部族たちが新天地を求め、現代の千葉県流山市駒木の地に訪れたことがきっかけと伝えられています。

ご祭神は「健御名方富命(たけみなかたのかみ)」

かの有名な長野県の諏訪大社から分霊を承っているのがこの神社です。

諏訪神社

多分はじめて名前を聞くかも知れませんが、それもそのはずです。

地図アプリで位置を確認してもらえれば分かりますが、都心からは離れていますし、最寄り駅は主要路線ではありませんので地元の人か神社に詳しい人しか行かないと思います。

ちなみに、本物のパワースポット神社と言うのは「ご祭神のご利益」「社殿が持つ精気(エネルギー)」「土地が発する精気(エネルギー)」の3つが合わさって「パワースポット神社」と呼べるようになります。

その為、とても残念なことですが、東京で言えば千代田区、港区、新宿区などの都心にはパワースポット神社が存在しないのが実情です。

東京23区であれば、足立区・葛飾区・北区・板橋区・杉並区・世田谷区などの県境に行かなければパワースポットと呼べる神社はありません。

ネット上では何も知らない素人ライターがパワースポットと謳っているだけです。

事実、この諏訪神社は都内で有名な神田明神や日枝神社。今戸神社や東京大神宮よりも遥かにお勧めの神社です。

なかなか行き難い場所ではありますが、もし参拝に行く機会があればその意味が分かると思います。

また、土日祝であれば多くの人が参拝に訪れているはずですが、注目すべきはこの神社の特徴です。

第一鳥居から拝殿までは一直線に繋がっており、参道そのものが精気(エネルギー)の通り道になっているのですが、大半の人は車で訪れるため、その場所を通る人が殆どいません。

諏訪神社参道

そこで他の参拝者の邪魔にならないよう配慮しながら、尚かつ拝殿に流れ込む霊的エネルギーの通り道を確保し、その場所で精神統一を行い一人ひとりお時間を掛けてじっくりご対応しました。

この神社で行ったのは「霊力伝心」と「開運術」の2つですが、そのご利益が働くようしっかり実施しました。

それだけでは御座いません。

必ず最後に祈祷を行いますので、勿論この神社でも拝殿前で祈祷を行っています。

諏訪神社ご朱印

初めて訪れた神社ではありましたが、ここは「また参拝に来たい」と想わせるほどの魅力があります。

当日は車でこの場所まで移動しましたが、この神社の近くには「豊四季駅」があるため、お時間は掛かりますが電車で来ることも可能です。

駅が近い分、飲食店もあるため違った楽しみ方も出来るかも知れません。

機会があれば一度訪れてみては如何でしょうか。