ヘッダー画像

ココナラで縁結びや施術を実施。口コミでも話題の香取神宮に参拝し、その効果を実証。

星夢 ~ セイム ~の活動日記

実際に活動してきた内容を日記としてお伝えします。

2018年11月28日(水)に参拝した様子をご確認ください。

香取神宮(かとりじんぐう)

香取神宮社は、全国約400社の香取神社の総本社であり、日本有数のパワースポット神社として知られています。

千葉県ではナンバー・ワン。関東でも三本指の神社であることは間違いありません。

全国的に見ても十本指に入ると言っても過言ではない、特別な社格を持った由緒ある神社です。

特に黒漆塗りの社殿は他の神社では観られない重厚感があります。

香取神宮

通常は第一駐車場に車を停めて「参道商店街」と呼ばれるちょっとした名物通りを歩き大鳥居をくぐります。

さらに大鳥居をくぐると有名な表参道があり、そこを歩いて拝殿へと向かいます。

ただ、ナビによっては車祓所に直接案内してしまい、参道を通らずに拝殿に向かってしまう人もいます。

もしそのような時は第一駐車場まで歩いて行き、そこから「参道商店街→大鳥居→表参道→楼門→拝殿」と言ったルートを通ることをオススメします。

香取神宮参道

神社の創建は紀元前643年。古すぎて正確には測りきれない程の歴史を持っています。

ご祭神は「経津主大神(ふつぬしのおおかみ)」

ご利益は縁結びや子宝。金運や仕事運。出世や開運招福など多岐にわたります。

なるべく人が映らないように撮影していますが、実際には多くの参拝者がいました。

ここは時々訪れますが、平日でも多くの参拝者を見かけます。

神社に詳しい人であれば香取神宮の社格がどれほど優れているかを理解しているため、揺るぎない信仰心を生んでいるのだと思います。

また、この神社のオープンなところが人気の理由かも知れません。

社格が高い有名な神社になれば成るほど、拝殿は観れても「本殿は観れない」のが普通です。

しかし、香取神宮は本殿の裏側まで観ることが出来ます。

このレベルの神社でこれほどオープンな神社は極めて希少なため、その意味でも香取神宮への参拝はお勧めできます。

香取神宮楼門

尚、パワースポット神社と言うのは「ご祭神のご利益」「社殿が持つ精気(エネルギー)」「土地が発する精気(エネルギー)」の3つが合わさって真価が発揮されます。

そこで拝殿に流れ込む霊的エネルギーの通り道を確保し、その場所で精神統一を行い、一人ひとりのご依頼をお時間を掛けてじっくりと対応しました。

この場所で行ったのは霊力伝心と開運術ですが、どのような施術であっても必ず最後に祈祷を行います。

勿論この神社でも拝殿前で祈祷を行いました。

香取神宮ご朱印

その後「奥宮(おくみや)」に移動しました。

奥宮とは、元々本殿より先に神様を祀られていた場所と考えられており、険しい自然の中にある奥宮は太古の信仰を感じることが出来る特別な場所です。

それ故、そこから発する精気や流れ込む精気は本殿よりもパワーが集まる場所として私は重宝しています。

あまり詳しく書くと人が集まりすぎてせっかくの精気が乱れてしまいますが、この記事を見た人は運が良かったと思って下さい。

写真でも分かる通り、神々しさが放たれていると思います。

これまでも何回もこの場所で撮影しましたが、そのたびに神々しい光が差し込んだ写真を撮影しています。

この神社には本殿から離れた山林の中に奥宮がありますので、もしこの神社に行かれる際は奥宮にも立ち寄ってみてください。

もしかしたら、そこで私が祈祷をしているかも知れません。

香取神宮奥宮

ちなみに、他にも「神池」や「要石」が参拝スポットとなっていますが、季節によっては「要石」の周辺は注意が必要です。

スズメバチが行き来しやすい場所となるため、7~10月は避けた方が良いでしょう。

是非、安全な場所を参拝するようにして下さい。